水輪

いのちの森水輪の新着情報&ブログ

INFORMATION

行者にんにくと呼ばれる由来

【行者にんにく】
山にこもる修験道の行者が食べたことから、行者にんにくという名称で呼ばれるようになったそうです。
またこれを食べた行者が滋養がつきすぎてしまい、
修行にならないから食べるのを禁じられたという説もあり、
強いパワーを秘めたにんにくであることがわかります。
普通のにんにくと比較して、収穫までに長い年月がかかるので、
スーパーなどに出回ることが少なく、大変貴重です。
またにおいは普通のにんにくより強いので、食べる際は少し注意が必要です。