いのちの森水輪の新着情報&ブログ

INFORMATION

『早穂理。ひとしずくの愛』~かけがえのない真実の物語~

塩澤みどり 監修 中川奈美 著 (原書房)

脳障害をもつ娘を持った母(塩沢みどり:水輪の会代表理事)が、次々に起こる出来事の中で見つけた事。
自己に逃げずに見続けたことで得た、輝いた自分。
何にも依存することなく、常に安らいでいる自分。
日々の日常の中にこそ、自分を成長させる大きな学びと、
気づきがあることを伝えている。書評
―致知 2001年11月号―
本書は、重度の脳障害を持つ塩沢早穂理さんとご両親、彼らを取り巻く人々の物語『早穂理。ひとしずくの愛』の続編。障害を持つわが子への苦悩や葛藤、喜び、感動を繰り返しながら辿り着いた人生の真実を、「水輪」という禅や瞑想の勉強会で伝える母・みどりさん。妻と娘を全身全霊で守る父・研一さん。本書は早穂理さんの二度の入院を軸に、研一さんの手術や大切な仲間の死、スタッフたちの「水輪」に寄せる思いが描かれ、彼らの生きることへの純粋さ、懸命さに心打たれる。「水輪」に集う人々が心の葛藤から解き放たれ、再び人生と真剣に向き合っていく姿を見るとき「幸せも不幸せもみんな自分が創りだしている」というみどりさんの言葉がストレートに心に響いてくる。推薦の言葉―黒木 瞳(女優)’98,7,21―
原稿をとりよせることはあまりしないのですが、今回は数枚の原稿を読んで全部読みたくなりました。すばらしいご本です。この本の重量感は、どんな言葉をもってしてもかなわないでしょう。ですから困りましたが、純粋な気持ちを書きます。
母親になってみなければ分からないことがたくさんある。子どもに教えられることもたくさんある。
この本が私に教えてくれたこと、それは、けっして後悔しないこと。私も娘とともに強く生きたい、と思いました。
生き方働き方学校
スタッフ・研修生・実習生の言葉

A.Y.さん
今回「早穂理。ひとしずくの愛」を読んでみて、飯綱の土地が手に入って早穂理庵ができた経緯や活禅寺の老師が言った
「この土地には凄いものがある。特別な気を持っている。」という部分を読んで、
課題を抱えた私がこの場所に来て、人生を再スタートさせるチャンスを頂いている事は運命であると感じました。
みどり先生、研先生、早穂理さんが歴史を重ね、命を懸けて作り上げてきた、
この水輪で実習に向かっていけば必ず自分の人生を切り開けるのではないか、と思いました。
早穂理さんがいなかったら、この場所はなく、私は人生に迷ったまま終えていただろうと思います。
感謝の気持ちをもって、この水輪での生活を過ごしていきます。

N.I.さん
早穂理庵に集まる人が一人また一人と増えていった。
水輪のエネルギーや早穂理さんのエネルギーに共振する人々には、
地位や肩書の垣根はなく、優しさや温かさに包まれていた。
淋しかった早穂理庵から、陽気な笑みにあふれかえっていった。
音楽があり、驚きがあり、明日があった。この原点は、今に続いている。
何年も何十年も経っても変わらない早穂理さんを包む優しさ、
早穂理さんから満ち溢れる全てを照らす幸せの光。
それは、今、未来に向かって音楽堂で皆で歌う歌、太鼓、聴く音楽。
これは私達が大切にしてゆくべき学びの一つであることで時代を越えて
普遍的な生命の輝きで大切なものであると改めて感じました。

早穂理。ひとしずくの愛はこちら