水輪

水輪で学んでいること(スタッフ)

日々の実習で学んでいる事~S.R

私は水輪へ来て8年ほどになります。

ここに来る前は、人との関わりを避けて引きこもりになり、成長のない日々を送っていました。引きこもりを何年も続けていると、社会から自分ひとり置いて行かれているように感じ、焦りました。それでも何も変わることができず、将来に希望が持てず、考える事がどんどんとネガティブになっていきました。

人を疑い、不安が大きくなり心がおかしくなっていきました。

そんな頃に縁あって水輪に来ることになりました。

しかし私は水輪に来てからも人を疑い、悪く思い、人にぶつかってばかりいました。

それでも実習の日々を過ごし時間がかかりましたが、水輪の先生方、スタッフ、実習生の方々が心を込めて私に関わってくださったことで、私は自分の考え方を思い直し、人を信じたいと思うようになっていきました。疑いを持ち不安で不安定だった頃よりも、心に安心感を感じ日々の暮らしで心に充実感が生まれました。

まだ心は不安定で上がったり下がったりもしていますが、絶対に人を疑わず、信じるように心がけています。これから目の前の実習に一生懸命打ち込み、自分の人生を開いていけるよう頑張りたいと思います。

水輪で学んでいること~T.T

今まさに、水輪の生き方働き方学校で、毎日の生活に関わる実習を通して、生活力、仕事力、人間力を一歩、一歩高めています。

私は幼少期から大勢の前で発言することが恥ずかしく、一緒に行動するのなら、2、3人で、多くても4~5人で行動することの方が得意と言えば得意でした。大好きな山歩きもたまにツアーで参加していましたが、ほとんど単独~2名ぐらいで歩くことを好んでいました。

しかし、今は30人もいる共同生活をしています。初めて、家族以外との共同生活を仲間とともに7年続けてきました。大勢でいるのは苦手ですが、苦手だからこそ、その環境のせいにせず、苦しい、厳しい中から見えてくる醜くても、恥ずかしくても私の心の在り方を感じ、見つめ直し、私達の成長、学びにつなげている最中です。

誰かの立場より優位になって安心していたり、自分1人でなんとかしなければならないとか、頼まれたことは何でも早く終わらせなければならないとか、知らず知らずのうちに身に付けてきた考え方や癖、思い違いは1人では堂々巡りするばかりで物事が思い通りに進みません。自然と人に関わり、そばに生活、仕事を共にする仲間がいて、今、ここであることを感じる以外に他に何を望むことができるのでしょうか。乗り越えるべき自分の課題や無意識に繰り返し起こしてしまう失敗から、自分を目覚めさせてくれる声を聞き、やっと自分が知らなかった自分に気づき、我を振り返り内省する日々を送っています。

水輪での学び~Y.K

昨年は今まで畑のことを進めていたリーダーが退所したことがあり、私が畑の計画の一部を担当させていただきました。

初めて(ではないところもあるが)計画を立てて畑を進めることは、本当に霧の中を歩くようなものでわからないことだらけです。それに私の中の自分勝手な部分も顔を出し失敗の連続。怒られたことも多かった。今思えばありがたいですが、その時は渦中の真っただ中で焦る気持ちが多かったです。

昨年から特に研一先生が現場に入り今までの誤りをガツンと正していただきました。本当にガツンと言う感じで、叱っていただいた。自然栽培の基本から、種の選び方も改めて教えていただき、畑づくりも初めから。自然農の講師の方も来ていただき基本的なことの学び直しです。(これはなかなか楽しかった。学ぶことも多かった。)

インターネットで調べた混在密植栽培を試してみたくなり、勝手に試したところ小さい野菜しか取れず失敗。畑に大損害を与えました。この時は勝手にやったという事もあり、いつもファームには大損失を出していました。いつもに増して叱っていただきました。(30歳を目前に今更ですが)本当に勝手に物事を進めてはいけないとわかりました。これだけでも感謝。

種まきも前年のリーダーが作った計画もあったが、畑づくりやり直していたため時間的に間に合わない。播種日のずれていたものを一気に播種。もちろん失敗。一度に蒔いた分、後半まで野菜が供給できなかったです。この時に野菜の収穫期というものを意識しないといけないと改めて思いました。5年畑をやってきたが基本的なことがわかっていない。これも反省自分で考えられる立場にあることは学びの立場。ありがたいこと。そうでなくても意欲的に畑のことも参加することで学びを深められる。本当は精神の学びが一番大事。ミスを出すということは精神の学びが育っていないことでもある。

昨年は雨が多かった特に麦の収穫期と梅雨が被る。(毎年のことだが・・・)

麦が収穫できないと思っていたが、あるスタッフの機転で収穫したものをビニールハウスで干すという荒業を考案。これも当事者意識。

7月下旬にキャベツの苗を植え付け。毎年と同じやり方で定植したが、マルチに風の通るような張り方をしていたので、苗を半分からしてしまいました。毎日確認していれば枯れることはなかったです。いつも言われることだが、野菜に愛情をもって観察することが大事。これも私の課題。人間に対しても同じである。

昨年から今年にかけて叱られることは多かった。その時動揺した気持ちになっても自分の中で消化する事は次に成長に繋げなければならない事だ。感情をため込むようなことはしないが、教えられた事を修正実行しない事は、それがそのまま取り返しのつかない私の人生を作っていってしまうからだ。

そして、感謝につなげる。叱られているその時に感謝の思いが出てくるのが一番良いことだが、感情はそう簡単ではない。その時は感情に流されるかもしれないが、冷静になって考えれば感謝の思いばかりだ。それで魂が磨かれたことになる。一歩前進。

私の一番の長所は自分を信じ何があっても前進することは忘れないことだと思っています。

目下のところ感情ということにとらわれるのではなく、冷静に客観的に物事を見れる自分に主眼を置いて日々の生活実習を行っています。